目の下のクマとヒアルロン酸

目尻のしわとならんで、目の周りにできるもので気になるのが
目の下にできる「クマ」ですね。

目の下のクマ.jpg

でも、一口に「目の下のクマ」といっても実は3種類あるんです。
そして、その3種類のクマはそれぞれ原因が違うんです。
だから、その原因に応じた対処をしないと効果は得られません。

それぞれ説明しますね。

その1 「青クマ」

よく言われる目の下のクマというのは「青クマ」のことを言う場合が多いです。
目の周囲の毛細血管の血の流れが悪くなることでできるクマです。

寝不足だとか、さまざまな原因による疲労やストレス(精神的なものも含め)、
体調不良・病気や眼精疲労によるもの、またドライアイなども原因になります。
つまり、「青クマ」は非常に多くの原因によって引き起こされる目の周りの血行不良なんです。

青クマ.jpg

目の周りの血流が悪くなると、黒ずんだ血がたまってうっ血をおこし、
皮膚が薄い目の下は青っぽく見えて青グマとなるのです。

ですから「青クマ」って少々不健康なイメージがありますね。
また、色白の人に多く見られ、10代から始まることが多いです。


その2 「黒クマ」

老化が始まると、下まぶたの皮膚はさらに薄くなってたるんでしまい前に出てきます。
目の下にある眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えている筋肉がゆるむことが原因ですが、
目の下にへこみができてしまいい、その影が黒く見えてしまうことによる「クマ」です。

黒クマ.jpg

これにむくみが加わると一層目立ってしまい、やっかいなことになります。

その3茶クマ
主にメラニン色素によってできるクマです。紫外線による日焼けが大きな原因になりますが、
その他にも、こすることによる色素沈着や角質肥厚なども原因となります。

目の下の3クマ.jpg

以上、3つの「目の下のクマ」を説明しましたが、
それぞれ原因が違いますから、対処法も違います。

3つのうちヒアルロン酸と関係が深いのが2番めの「黒クマ」です。
目の下のたるみが原因になりますから、たるんだ部分にヒアルロン酸を注入する方法が
やはり一番のおすすめ
です。

⇒⇒ヒアロディープパッチ


「青クマ」の対処法
青クマは、体調、疲労、目の疲れなどと関係が深く、
まずはそうした原因を取り除くこと。

また、目の周りが血行不良を起こしていますから、
目の周りのマッサージ、指圧なども効果があります。

体を冷やすと、目の周りだけでなく体全体の血流が悪くなりますから、
なるべく体を冷やさないように注意しましょう。

「茶クマ」の対処法
茶クマの対策は、メラニンが原因ですので美白対策と同じ方法が中心になりますす。
つまりUVケアを徹底することですね。

紫外線は日差しの強いときだけ浴びるのではありません。
もちろん強い日差しは避けなければなりませんが、
曇りの日でも紫外線は雲を通過して地上に降り注ぎますので注意してくださいね。

また、紫外線は春夏秋冬を問わず地上に降り注いでいるので、
UVケアは1年中するようにしてください。

黒クマにはこれ
⇒⇒ヒアロディープパッチ


この記事へのコメント